超音波でわきがを治す!超音波吸引法ってどんなもの

わきが治療といえば、皮膚をはがしてアポクリン腺を除去する手術をする必要があるので、術後のケアに時間も掛かり手軽にできるイメージもないことから必要かもと悩んでいる人でも、なかなか踏み出すことができないというケースの多い治療でした。そこで、ここではもっと手軽にわきがの治療をすることができる「超音波吸引法」についてご紹介していきます。

わきがに超音波治療?そのメリット

超音波吸引法という治療方法は、従来の手術とは大きく異なり、脇にあけた数ミリの穴から「アポクリン腺」「皮脂腺」「エクリン腺」を破壊する超音波を発生させる器具を入れて破壊した汗腺を吸引するという治療法です。
手術のように皮膚をはがすわけではないので、日帰りでの治療が可能ですし、治療後すぐに腕を動かすこともできるので、生活に支障を出すことなくわきが治療をすることができます。
今まで治療にかかる体の負担や、日程の問題などで治療に踏み出せなかった人も、身近な治療としてとらえることができるようになります。

超音波吸引法のデメリット

超音波吸引法にもデメリットについて、調べてみると、アポクリン腺などの汗腺を破壊する超音波では、他の部分にもダメージがでてしまい水腫や細胞が焼けてしまうという事例も報告されています。
そして、超音波だけではすべてのアポクリン腺を破壊することは難しいということもわかってきています。
保険適用でない治療のため、自己負担での治療になってしまいます。

まとめ

超音波吸引治療をすれば、体に大きな負担もなくわきが治療をすることができます。メリットばかりではなくデメリットもあるのですが、わきがで悩む人にとっては画期的な治療法だといえるのではないでしょうか。