傷跡が小さい上に高い効果を持つPMR法・マイクロリムーブ法によるわきが治療

様々なわきが治療の中にPMR法・マイクロリムーブ法と言うものがあります。PMR法・マイクロリムーブ法は重度なわきがで悩まされている方にピッタリな治療法です。

PMR法・マイクロリムーブ法とは

PMR法・マイクロリムーブ法ではわきの下を数ミリから1センチほど切開し、そこから特殊な器具を挿入し、アポクリン汗腺や皮脂腺を破壊し除去しています。一般的な切開手術より少ない切開で済むため、傷跡が小さいと言うメリットがあります。わきのシワに沿って切開するため、傷跡が残っても目立たなくなります。

中には超音波を照射すると言うわきが治療もあります。超音波によるわきが治療は切開せずにわきがを治すことが可能です。しかしPMR法・マイクロリムーブ法と比べるとアポクリン汗腺や皮脂腺の除去率が低いと言うデメリットがあります。そのためPMR法・マイクロリムーブ法のほうが高い効果を持っています。

稀なケースではあるものの短期的合併症、長期的合併症が起こるリスクがあります。

治療の流れは

まずはクリニックでカウンセリングを受け、治療法についての説明を受けます。その説明を理解し納得できたら治療のスタートです。わきの治療範囲にマーキングし、局所麻酔を行います。シワに沿って切開したらマイクロシェービングコンソーラーと言う器具を挿入していきます。アポクリン腺や皮脂腺を破壊し除去したら切開部分を縫合し、ガーゼで固定します。

抜糸のタイミングは

固定は3日ほどで除去し、1週間後に抜糸を行います。そのため通院することが必要です。